フェルトボード,硬質吸音,縦30.2cm×横30,吸音ボード,YYT,吸音シート,吸音パネル,花・ガーデン・DIY , 木材・建築資材・設備 , 壁材 , 吸音材,/abdominoscopy886540.html,6299円,壁と床兼用,防音と音響処理に最適,断熱,d-shop.org,吸音材,防潮 フェルトボード,硬質吸音,縦30.2cm×横30,吸音ボード,YYT,吸音シート,吸音パネル,花・ガーデン・DIY , 木材・建築資材・設備 , 壁材 , 吸音材,/abdominoscopy886540.html,6299円,壁と床兼用,防音と音響処理に最適,断熱,d-shop.org,吸音材,防潮 YYT 上品 吸音材 吸音パネル 吸音ボード 硬質吸音 フェルトボード 防潮 壁と床兼用,防音と音響処理に最適 断熱 吸音シート 縦30.2cm×横30 6299円 YYT 吸音材 吸音パネル 吸音ボード 硬質吸音 フェルトボード 吸音シート 断熱 防潮 壁と床兼用,防音と音響処理に最適 縦30.2cm×横30 花・ガーデン・DIY 木材・建築資材・設備 壁材 吸音材 6299円 YYT 吸音材 吸音パネル 吸音ボード 硬質吸音 フェルトボード 吸音シート 断熱 防潮 壁と床兼用,防音と音響処理に最適 縦30.2cm×横30 花・ガーデン・DIY 木材・建築資材・設備 壁材 吸音材 YYT 上品 吸音材 吸音パネル 吸音ボード 硬質吸音 フェルトボード 防潮 壁と床兼用,防音と音響処理に最適 断熱 吸音シート 縦30.2cm×横30

YYT 上品 吸音材 吸音パネル 吸音ボード 人気の定番 硬質吸音 フェルトボード 防潮 壁と床兼用,防音と音響処理に最適 断熱 吸音シート 縦30.2cm×横30

YYT 吸音材 吸音パネル 吸音ボード 硬質吸音 フェルトボード 吸音シート 断熱 防潮 壁と床兼用,防音と音響処理に最適 縦30.2cm×横30

6299円

YYT 吸音材 吸音パネル 吸音ボード 硬質吸音 フェルトボード 吸音シート 断熱 防潮 壁と床兼用,防音と音響処理に最適 縦30.2cm×横30







◆商品名:YYT 吸音材 吸音パネル 吸音ボード 硬質吸音 フェルトボード 吸音シート 断熱 防潮 壁と床兼用,防音と音響処理に最適 縦30.2cm×横30.2cm×厚さ0.9cm 24枚入 白い

商品規格:高密度のポリエステル繊維制、密度は142KG/m?、重量は105g/枚。
吸音性:吸音ボードの内部は多孔質となっております。入射した音波が内部の小さな穴に入り込み、拡散し、周壁との摩擦や粘性抵抗および材料小繊維の振動等し、熱エネルギーに変換・吸収され、反射する音波を減衰することにより吸音効果を実現します。日常では気になる幅広い周波数の音を吸収し、生活環境音を改善します。平均的に低音域に対して39%、中音域に対して80%、高音域に対して88%の吸音率を維持できます。※実験環境による測定値で、あくまでもご参考にしてください。
安全性:ポリエステル繊維を原料とし、チクチク感なく人体に触れても安全!接着剤の使用は一切なく、またホルムアルデヒドの放散量はJASホルムアルデヒド放散基準F4に達しています。吸音ボードには防炎加工が施されて、火を離せば火が自動的に消える自己消火性を有しています。また万が一燃えても有毒ガスの放出はありません。高密度の多孔質の構造により、クッション性があり、衝突から人や物を保護することもできます。
耐久性:吸音ボードは高密度のポリエステル繊維で生産され、耐摩耗性と剛性に優れていて、長期間の使用でも毛玉になりにくく、型崩れもしません。吸湿性はほとんど無く、乾きやすい繊維で、壁の湿気をスムーズに排出し、断熱性能を維持すると共に結露を防止します
加工性:吸音ボードはカッターなどの刃物で簡単にカットできますので、室内の壁・柱・床など必要なサイズに合わせて加工することが出来ます。また3Dエンボス加工・型抜き加工・レーザーカット・貼り合わせ加工など様々な加工方法があります。固定するのも「虫ピン」/「ホットメルト」と「養生テープ」で簡単にでき、賃貸住宅などでDIY可能。

YYT 吸音材 吸音パネル 吸音ボード 硬質吸音 フェルトボード 吸音シート 断熱 防潮 壁と床兼用,防音と音響処理に最適 縦30.2cm×横30

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.